iOS 10.3.1に

iTunesでアップデート
DSCF2474_R.JPG
 iPhoneのiOSアップデートはWi-Fiを使わないと基本的にはできないのですが、iTunesの入ったPCを経由すると可能です。容量が2.4GBもある(圧縮してない?)ので時間はかかりますが…。

iOS 10.3.1はWi-Fiの問題を修正
Appleが設定アプリの中で明らかにしているのは「バグの修正およびiPhoneまたはiPadのセキュリティの問題の改善」だけですが、Appleのウェブページではその変更点が詳しく紹介されていました。
そのページによると、攻撃者がiPhoneやiPadのWi-Fiネットワークのエリア内にいる場合、iPhoneやiPadのWi-Fiを制御するチップで任意の命令を実行できてしまう問題がiOS 10.3.1で修正されています。
この弱点が実際に悪用されたケースは明らかになっていないようですが、今回のアップデートでiOS 10.3にこの弱点があることは広く知られるようになりました。
弱点が悪用される可能性は比較的高くなっているので、iOS 10.3.1にアップデートすることをお勧めします。

DSCF2473_R.JPG
BIOSのアップデーをした流れで
DSCF2475_R.JPG
iPhoneもアップデートしました

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック